Ferrari

Dino 308 GT4

ディノ308GT4(後のフェラーリ308GT4)は、フェラーリによって製造されたミッドシップエンジンのV8 2 +2車です。 Dino 308 GT4は1973年に導入されました。

車は1976年5月にフェラーリバッジを受け取るまで、Dinoバッジ(V12以外のフェラーリを区別するためにDinoブランドを継続)で販売されました。

308GT4は、2,826308台の生産が行われた後、1980年にMondial8に置き換えられました。

GT4は、いくつかの点でフェラーリの画期的なモデルでした。

それは、その後数十年にわたり定番となるミッドエンジンのV8レイアウトを備えた最初の生産フェラーリであり、ベルトーネ(ピニンファリーナではなく)が設計したボディワークを備えた最初の生産フェラーリでした。

スタイリングは、曲線美の2人乗りの兄弟であるディーノ246とはまったく異なり、角のあるラインが特徴で、当時は物議を醸しました。

The Dino 308 GT4(later Ferrari 308 GT4) is mid-engined V8 2+2 cars built by Ferrari.

The Dino 308 GT4 was introduced in 1973. The car was sold with Dino badging (continuing the Dino brand to differentiate non-V12 Ferrari) until May 1976, when they received Ferrari badging. The GT4 was replaced by the Mondial 8 in 1980 after a production run of 2,826 308s.

The GT4 was a groundbreaking model for Ferrari in several ways

It was the first production Ferrari to feature the mid-engined V8 layout that would become the bulk of the company's business in the succeeding decades, and was the first production Ferrari with Bertone (rather than Pininfarina) designed bodywork. 

The styling featured angular lines entirely different from its curvaceous 2-seater brother, the Dino 246, and was controversial at the time. 

Price : ASK

Ferrari Dino 308 GT4 - 1974

Mileage

33500 km

Owners

​-

Engine

90° V8 DOHC, 2926cc engine, 255HP/7700rpm

Transmission

manual, 5 speed

Color

Ferrari red,