Lancia

Fulvia 1.3 Sport S2

ランチア・フルビアは…

1963年から76年にかけてイタリアのランチア社が製造販売した車両です。

車名はトルトナからトリノに通じるローマ街道であるフルビア通りにちなんで名付けられました。

フルビアは、1972年の国際ラリー選手権での優勝など、モータースポーツ史における有名な車の1台です。

この車は、シリーズ2のクーペ1.3Sで、シリーズ1に比べ、グリルはライトまで伸び、スポーティな顔つきになっています。そしてそれまでの4速から5速にギアに変更され、1298ccのエンジンは6000回転で89馬力を発生させます。

The Lancia Fulvia (Tipo 818) is an automobile produced by Lancia between 1963 and 1976.

Named after Via Fulvia, the Roman road leading from Tortona to Turin.

Fulvias are noted for their role in motorsport history, including a 1972 win of the International Rally Championship.

Series II - Coupé 1.3 S. Face-lifted body and new 5 speed gearbox with 1298 cc (818.303) engine producing 89 hp at 6000 rpm. 

Price : ASK

Lancia Fulvia 1.3 Sports S2 -1971

Engine

1298 cc, Engine Type: 818.303, V4 , DOHC

Power

89 hp / 6000 rpm

Length・Width・Height

3975mm / 1555mm / 1320mm

Weight

970 kg

Type of Body

2 door Cabriolet